JOURNAL

■ 06年05月18日(木)

SSS 振動実験[柳沢究]

振動実験のために、ふたたび生産された1/3スケール試験体(3号と4号)。
4〜5mm厚のシェルの薄さが際だつ。

立命館大学の実験施設にて。まな板の上のSSS。

 

実験の様子と崩壊の瞬間。
0.5Gの振動は耐え抜き(3号)、阪神大震災クラスの1Gの振動では鉛直載荷実験と似たように、足下が砕けるように崩壊した(4号)。この結果をふまえ、実物大実験棟のシェル厚を決定していく。


| 柳沢究, SSS Project | PermaLink | comments (0) | trackbacks (0) |

コメント

■ コメントする




ログイン情報を記憶しますか?


トラックバック

■ Trackback-URL

http://www.kaguraoka.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/192

Copyright (C) 2001-2008 Studio KAGURAOKA
All Rights Reserved

■