JOURNAL

■ 06年03月29日(水)

群馬と栃木行き[井上大藏]

福岡からの帰宅も覚めやらぬ24日夜、群馬・栃木に向けて夜行バスに乗車。
行き先は前橋、それと日光。
前橋では、学会群馬支所主催の講演会 「旧富岡製糸場と世界遺産」に出席した。
実際、去年現地を訪れて私は世界遺産への取り組みについて知りたいと思っていたのだ。
そこに近日になって、東北大学名誉教授の芹沢長介(考古学者)さんの訃報を耳にした。
これは相沢忠洋記念館に行けという事だな・・・と思い立ち、群馬へ。
館長の相沢千恵子氏(故忠洋氏の夫人)と暫し歓談する。

群馬へ行くなら隣の栃木県日光にも・・・と、いう気になった。
日光二社一寺は、小学生の頃から行きたい場所でもあったので約25年の悲願達成である。
日光といえば、やはり東照宮陽明門だろう。
見て愕然としたのは、その小ささである。イメージ以上に華奢で小さい。
しかも、キンキらキンで「派手」をイメージしていたが、実際には輝度が無く明度のみによる綺麗さであった。どうやら、技巧による演出も「派手」のイメージを助長しているようだ。

最後に、嬉しかった事がある。
絶滅していたと(勝手に)思い込んでいた“Dr Pepper”が宇都宮で発売されていた事だ!
20種類以上のフルーツフレバーのブレンド。なんとも言えない、このノド越し。大好きである。
買い溜めして、京都にお持ち帰りしてしまった。


| 井上大藏 | PermaLink | comments (0) | trackbacks (0) |

コメント

■ コメントする




ログイン情報を記憶しますか?


トラックバック

■ Trackback-URL

http://www.kaguraoka.info/cgi/mt/mt-tb.cgi/53

Copyright (C) 2001-2008 Studio KAGURAOKA
All Rights Reserved

■